2017 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 01








カミナリ~!!o(><)o 

『紹介者募集』
ASUの取扱い商品等をエンドユーザーに紹介していただける紹介者を募集しています  (出勤・営業の必要はありません)
詳しくはこちら  http://j.mp/a2do6R





************************************************















『合同会社ASUのホームページ』
見にきてくださいね  http://www2.ocn.ne.jp/~g-asu 



************************************************



ASUのMGです。

これから「雷」多くなりますよね・・・
数日前も、短時間ではありましたが、すごかった・・・

ただ、恐がるばかりでは、どうしようもないので、今日は、雷について学びたいと思います。


落雷
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%B7



Photo

◆「雷」

「かみなり」の語源は、「神鳴り」
昔、かみなりは、神が鳴らすものと信じられていたため
「神鳴り」と呼ばれていた。
古語や方言では、(いかづち)(ごろつき)(かんなり)(らいさま)などの呼び名もある。
季語としては、(夏)を表す。


◆「稲妻」

「いなづま」の語源は、日本は稲が開花し結実する旧暦の夏から秋のはじめにかけて雨に伴い雷がよく発生するし、落雷した田では稲が良く育ったため、稲穂は雷に感光すると実ると理解が生まれ、
稲のつま(配偶者)と解し「いなづま」あるいは「いなびかり」と呼ぶようになったといわれている。
季語としては、(秋)を表す。




◆「雷鳴」

放電現象が発生したときに生じる音である。


雷鳴は、雷が地面に落下したときの衝撃音ではなく、放電の際に放たれる熱量によって雷周辺の空気が急速に膨張し、拘束を超えた時の衝撃波である。

雷光は光速で伝わるため、ほぼ瞬間に到達する。
これに対して、
雷鳴は音速で伝わるため、音が伝わってくる時間の分だけ、雷光より遅れて到達する。
そのため、雷の発生した場所が遠いほど、雷光から雷鳴までの時間が長くなり、その時間を計ればおおよその距離もわかる。


◆「雷が落ちる場所・人的被害を受ける状況」

◎雷は
大抵は高いものに落ちやすいが条件によっては無関係に落ちる。
事実、海・サッカースタジアムのフィールド・ゴルフコースで落ちた実例がある。


金属製品を身につけるとどうかは関係ない
(以前は、金属製品を持たないほうがよいとされてきたが、近年関係ないことが明らかになった。
逆に身に付けている方が雷の通り道になって放電され、助かる場合もある

◎家への落雷の場合、電化製品や電気を通すものを介して感電あるいは発火する。

◎送電線への場合は、アークホーンなどを通し、一時的に当該回路が停電になる(瞬停)

◎公園などにある屋根付きの壁のない簡単な休憩所に落ちた場合、
柱に近い位置にいると屋根から伝っていた雷が飛び移って感電する。


◆「近くに建物や自動車がある場合」

雷対策として最も確実なのは、雷注意報が出ているときは野外に出ないことである。
出ざるを得ない場合は、遠くで雷雲が見えたら
室内(あるいは停止し窓を締め切った自動車だど)に逃げ込む。
雷雲は急速に発達する。雷鳴が聞こえてからでは遅い。
自動車内が安全なのは、いわゆるファラデーケージになっているためである。


※ファラデーケージとは、導体に囲まれた空間、またはそのような空間を作り出すために用いられる導体製の籠や器そのものを指す。導体に囲まれた内部には電気力線が侵入できないため、外部の電場が遮られ、内部の電位は全て等しくなる。


◆「野外の場合」

45度以上に見上げる高さの木がある位置は、木が避雷針の役割を果たしてくれるので安全とされる。
ただし、幹や枝などの2m以内にmで近づくと木に落ちた雷に即撃雷が発生する可能性があり危険なので、適度に離れている必要がある

雷が近い場合、走って逃げたからといって落雷を避けられるとは限らない。
雷雲が発生させる電位差は広範囲にわたるからである。

運よく直撃を避けられて落雷地点が多少離れていても地面に落ちた雷はある程度の距離ならば地表を伝わってきて人は強い衝撃波を受ける。

この時、足を開いていると、一方の脚から胴体を通って他方の脚へと電流が流れて感電する可能性が高くなるので、脚は閉じているほうが良い とされている。

さらに、身をできる限り小さくして座ると効果はあるとされている。



関連記事


ホームページ
合同会社ASU(アス)のホームページです。

 ネットショップ 
アクセサリーショップ COCOiCO(ココイコ)❣
2017.10.1オープン❣




△ページトップへ戻る
[ 2010/07/06 20:09 ] my story | TB(0) | CM(1)

こんにちは

こんにちは
奄美も昨夜から大荒れの天気です。
雷ゴロゴロとすごかったです。
我が家では、主人のいびきが、ゴーゴー鳴ってました。
[ 2010/07/07 18:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿






トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://asuashitagaarusa.jp/tb.php/103-b737ff4f