2017 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 01








星座☆ 

『紹介者募集』

ASUの取扱い商品等をエンドユーザーに紹介していただける紹介者を募集しています 
(出勤・営業の必要はありません)
詳しくはこちら
http://j.mp/a2do6R







************************************************














『合同会社ASUのホームページ』

見にきてくださいね
http://www2.ocn.ne.jp/~g-asu 



************************************************

ASUのMGです。

台風がきた~
皆さんのところは、いかがですか?気をつけてくださいね・・・。
どこにも被害がでなければいいですね・・・。

さて、最近、Walkingをはじめた私ですが;;お気に入りの音楽を聞いて、夜空の星を見ながらのWalkingがとても置き入りです。

今、すぐ見つけられる星座は、北斗七星☆とカシオペア座☆

皆さんも星座はご存知だと思いますが、それぞれの神話はいかがですか?

誰でも知っている星座の神話をご紹介しますね^^http://www.ne.jp/asahi/stellar/scenes/seiza.html#summer



◆おおくま座

春の宵、北の空に高くかかる、全点で3番目の非常に大きな星座。

Photo Photo_2

(北斗七星)

おおくま座のしっぽにあたる部分が(北斗七星)です。

Photo_3

おおくま座の神話

〔女神アルテミスに熊にされた妖精カリストの悲劇〕
妖精カリストは、一生子供は生まないと女神アルテミスに誓いをたてましたが、ある日アルカスという名の男の子を産んでしまいました。
カリストは誓いを破った罰としてアルテミスによって大きな熊に変えられてしまいます。
その後、一人前の狩人になったアルカスは、森で大きな熊に出会います。
まさか、その熊が自分の母親だとは知らないアルカスは、弓で熊の心臓にねらいをさだめました。
この様子を天から見ていた大神ゼウスは哀れに思い、親子共々天に上げ、母親を「おおくま座」息子を「うしかい座」にしました。


◆カシオペヤ座



Photo_4 Photo_5

カシオペヤ座の神話

〔カシオペアの高言のむくい〕
古代エチオピア王国の王妃カシオペヤは、たいへんな器量自慢で、とくに娘のアンドロメダ姫の美しさを自慢していました。
高言してしまったことが原因で海神ポセイドンの怒りを買いアンドロメダ姫を海魔テイアマトのいけにえにされかけました。
このむくいでカシオペヤは椅子にしばりつけられたまま、空に上げられしまったのです。
そして北の空をぐるぐるめぐりながら1日1度は逆さまにつるされる運命になってしまいました。

◆オリオン座

Photo_6 Photo_7

オリオン座の神話

〔月の女神アルテミスに誤って殺されたオリオン〕
月の女神アルテミスは、オリオンが大好きでした。
ところが、アルテミスと双子の兄弟アポロンは乱暴者のオリオンが大嫌いでした。
ふたりは、いつもそのことで喧嘩をしていました。
ある日、海で泳いでいるオリオンをアポロンが見つけ、弓の上手なアルテミスに「沖を泳いでいる獣を弓で射ってくれないかな」と持ちかけました。
それがオリオンだとは知らないアルテミスは矢を命中させてしまったのです。
自分がオリオンを殺してしまった事に気付いたアルテミスは、悲しみのあまりに夜を照らす事すら忘れてしまいました。
そこでゼウスはアルテミスが夜を照らすときに通る天の道の近くにオリオンを上げて星にしました。

いかがでしたか^^
神話は、このお話に限らず、いろいろあるみたいです。。
でも、いずれにしても、悲しい話で、少しびっくりしました(^^;;

When You Wish Upon a Star/星に願いを
いい曲ですよね~ よかったらどぉぞ(^?^)~?

http://www.geocities.co.jp/Milkyway/4017/midi/wishstar.html
















関連記事


ホームページ
合同会社ASU(アス)のホームページです。

 ネットショップ 
アクセサリーショップ COCOiCO(ココイコ)❣
2017.10.1オープン❣




△ページトップへ戻る
[ 2010/08/11 16:14 ] my story | TB(0) | CM(1)

こんにちは。神話を知らずに星空を見上げるのと、...

こんにちは。神話を知らずに星空を見上げるのと、知って見上げるのでは、ぜ~んぜん見方がかわりますよね、きっと。学生時代、地学はてんでダメダメでしたが、学問的なことは抜きにして、夏の夜空を見上げてみようかな。
[ 2010/08/16 14:16 ] [ 編集 ]

コメントの投稿






トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://asuashitagaarusa.jp/tb.php/114-1b1b23c7