2017 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 01








七五三 

ASUのネットショップ(BFC-ASU)

お客様第一のショップです。
ご来店を心よりお待ちしております



PhotoPhoto_2   
(ショップ入口)
http://g-asu.ciao.jp/


************************************************
Blogコメントについて

いつも、皆さんから、暖かいコメントをいただいております
ありがとうございます
「最近のコメント」箇所に「TO ●●さん」と表示されているものは、投稿頂いた皆さんへ、感謝の気持ちを込めて、私からの返信コメントです。
よかったら、次回、Blog訪問時に、ご確認ください


************************************************

こんにちは ASUのMGです





今日は、 「七五三」ですね

「七五三」は、男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の年の11月15日に、成長を祝って神社・寺などに詣でる年中行事(神社庁より)

本来は数え年とのことですが、現在は満年齢で行われる場合が多いそうです。

残念ながら、今日は、その可愛らしい姿をみかけることがありませんでした。
現在では、11月15日にこだわらずに、11月中のいずれかの土日・祝日に行なうことも多くなっているみたいなので、そのせいかもしれませんね^^

また、北海道等の寒冷地では11月15日前後の時期は寒くなっているとのことから、1か月早めて10月15日に行なう場合が多いそうです。

◆由来

旧暦の15日は、かつては二十八宿の鬼宿日(鬼が出歩かない日)に当たり、何事をするにも吉であるとされた。
また、旧暦の11月は収穫を終えてその実りを神に感謝する月であり、その月の満月の日である15日に、氏神への収穫の感謝を兼ねて子供の成長を感謝し、加護を祈るようになった。明治改暦以降は新暦の11月15日に行われるようになった。

3歳は髪を伸ばす「髪置(かみおき)」
5歳は初めて袴をつける「袴着(はかまぎ)」
7歳は、それまでの紐付きの着物に代わって、本仕立ての着物と丸帯という大人の装いをする「帯解(おびとき)・紐落(ひもおとし)」の名残りである。
現代では行事に正装に準じた衣装(晴れ着)で臨み、洋服の場合もあるが和服の方が多い。
少女(極稀に少年)は、この時に
初めて化粧(厚化粧の場合が多い)をして貰う場合が多い。奇数を縁起の良い数と考える中国の思想の影響もある。

でも、女の子は、着物を着て、お化粧をして・・・
嬉しい気持ちいっぱいですが、男の子は、けっこう不機嫌そうな表情を見かけたりしますよね(^^;;

◆千歳飴

Photo Photo_3



昨日の、「ちびまる子ちゃん」で、まるちゃんが「千歳飴じゃなくて、ペロペロキャンディやチョコレートがいいな」と言った時、おばあちゃんが、(なぜ、千歳飴なのか)を、まるちゃんに教えていました

七五三では、千歳飴(ちとせあめ)を食べて祝う。
千歳飴は、親が自らの子に長寿の願いを込めて、細く長くなっており(直径約15mm以内、長さ1m以内)、縁起が良いとされる紅白それぞれの色で着色されている。

千歳飴は、鶴亀(つるかめ)や松竹梅などの縁起の良い図案の描かれた千歳飴袋に入れられている。

千歳飴は、江戸時代の元禄・宝永の頃、浅草の飴売り・七兵衛が売り出したのが始まりとされている。

さすがに、おばあちゃんの説明は、そこまで難しくなかったけど

でも、千歳飴って、全部食べてしまうのは、大変?
結局、あの飴は、最後は、どうなっているんだろうか・・・;;; 



ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%83%E4%BA%94%E4%B8%89












関連記事


ホームページ
合同会社ASU(アス)のホームページです。

 ネットショップ 
アクセサリーショップ COCOiCO(ココイコ)❣
2017.10.1オープン❣




△ページトップへ戻る
[ 2010/11/15 18:19 ] my story | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿






トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://asuashitagaarusa.jp/tb.php/149-74a016f0