2017 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 01








大島紬のストラップ♪ 

こんにちは ASUのMGです

前回のBlogで、思いがけないプレゼントの話をしましたが、今日もです hehe^^

奄美大島の知り合いからいただきました
^^

大島紬のストラップ

Photo_3


Photo

いい感じでしよ

ストラップと言えば
いろんなストラップをつけてみましたが・・
今回、渋く、大人な感じでいってみようかと・・・

「大島紬」って、有名ですよね
でも私は、あまり詳しくなくて;;;;;
これを機会に少し勉強・・・・


・大島紬は、フランス・ゴブラン織、ペルシャ絨毯と並ぶ、世界三大織物の一つ
・享保5年
「役人には紬着用を許すが、下の者には紬着用を一切禁ず」と言う「紬着用禁止令」が 薩摩藩から奄美諸島に下された。


現在でもそうですが、昔は、より貴重だったということですね。



なぜかと言うと・・・

複雑な製法


発祥当時から守り抜かれた製法
(一般的な反物)
織りあがった布地に染付けや刺繍を施すことで、柄・文様を入れていく
(大島紬)
まず織る→防染→染める→生糸を解く→再び織る
総工程数は30~40にも及び、それぞれ専門の職人が担当

車輪梅と泥染めによるユニークな染織方法

古来より大島紬は車輪梅(奄美地方特有の植物、地元ではテーチ木と呼ばれる)に30数回、奄美の泥に4~5回漬け込み反応させ、深みのある黒褐色を染め出します。
奄美特有のきめ細かい泥だけが、この色を表現でき、糸に泥の粒子が付着することで、軽くて保温性の高い生地となります。


一人前の織職人になるには、20~30年の修業が必要だそうですよ;;

大島紬は、体力の必要な、締機や染色の仕事は男性が、機織りは女性の仕事だった。
女性たちは、14,5歳になると機を織り始め、5,6年たつと難しい絣を織った。
細微な絣模様は、経緯を合わせるため、7,8センチ織ると経糸を緩め、経緯の絣糸を針で合わせて、織り進む。


そんな細かい仕事を、今も奄美大島で続けている70歳の女性^^
「織るのが好き」と言われ、若々しく、穏やかな表情で気丈に紬を織り続けていらっしゃるとありました。
その姿を想像しますね~


奄美大島紬の定義 

・絹100%であること
・先染め手織りであること
・平織りであること
・締機(しめばた)によるもので、手作業により経緯(たてよこ)絣及び緯(よこ)絣を加工 したものであること
・手機(てばた)で絣合わせをして織上げられたものであること


これだけ、大変な工程や手作業だから本当の「大島紬」が貴重
なのは当然ですね。

<colgroup><col width="105" style="width: 79pt;" /></colgroup>
参考URL http://www.amakara.jp/whats_ohshima/index.html

***** ***** ***** ***** ***** ****** ***** *****

〔ASUからのご案内^^〕
ASUホームページ  http://www2.ocn.ne.jp/~g-asu/
ASUネットショップ  http://g-asu.ciao.jp/



  



関連記事


ホームページ
合同会社ASU(アス)のホームページです。

 ネットショップ 
アクセサリーショップ COCOiCO(ココイコ)❣
2017.10.1オープン❣




△ページトップへ戻る
[ 2011/02/28 15:07 ] my story | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿






トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://asuashitagaarusa.jp/tb.php/193-d4e58b49