2017 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 01








素朴な疑問^^ 



こんにちは ASUのMGです



昨日、お笑い芸人さん(名前は不明^^;;)が、ギャクなのか、天然なのか・・・
それは、わからないけど、ぼけていたのが、ちょっとおかしくて
それに、そう言われてみたら、「なんでだろう」って私も思うことがありました;;;



世の中には、あんまり拘ることでもないけど、言われないと気がつかないような、「なぜ」って思うことありますよね。
その芸人さんの話も含め、今日はそんな不思議を^^






◆電卓と電話機のボタンの位置はなぜ違う
http://homepage2.nifty.com/osiete/seito193.htm



電卓
Photo



電話
Photo_2

テンキーは電卓と同じですね・・・
電話機だけ別なのかな・・・?

いろいろ理由がありましたが・・・





電話は電話番号を伝えるのにパルス(短い信号)の数によって行っていた。
そのため、電話のダイアルでは1、、、、9,0の順番でならんでいる。
つまり、電話の0は十の意味がある。
ダイアルの並びがそのままボタンの位置になり、0は十の意味があるため9の次にある。

電卓は、本当の「0」であり、「00」があるくらい「0」を使う頻度が多い為、「0」が手前、そして1.2.3...と続いた配列になっている。


これが、私が、「ピン」ときた回答でした www
他に、こんな内容も・・


使用する際の設置状態に起因します。
一昔前の金銭登録機(レジ)は『キーが水平』に近い角度で設置されており、
使い勝手が良い様に使用頻度の高い0や1が手前に来る配列でした。
机上に置いて使う(=キーは水平になる)ことの多い電卓は
この流れを汲んでいます.1972年にJIS規格になったのも統一化が
進んだ要因と思われます。



電話機の場合は『キーが垂直』に近い角度で設置されており、
また各数字の使用頻度も一様なので上から並んでいるのが自然です。
国際電気通信連合(ITU)の勧告で上から並べることになってます。

◆緑色なのに信号を青というのはなぜ
http://blog.livedoor.jp/nazenani/archives/50013100.html


1930年(昭和5年)、日本に初めて信号機が設置された頃は、法令的には緑色信号と呼んでいたそうです。

なぜ、青信号と呼ぶようになったのか・・・
複数の説があるみたいですが、どれもなるほどという感じ^^


説1:色の三原色だから
小学校の理科などで、色の三原色は「青・赤・黄」と習ったことがある人も多いはずです。
正確には色の三原色は「シアン・マゼンタ・イエロー」でつまり、色の三原色を小さい頃から習っている日本人的に1番覚えやすかったからという説

説2:日本語で緑を青というから
元来、日本には「緑」という表現をする習慣があまり無かったのです。
緑色なのに「青りんご」や、緑が生い茂ってるところでは「青々としてる」緑色の野菜を「青菜」と呼ぶことなどを考えていただけたら分かると思います。
つまり、日本語では緑と表現しないからという説

他にも不思議な「青」がありましたね^^

説3:日本語では赤の対比は青だから
絵の具で絵を描いてて、黒が無い時に赤と緑を混ぜたら黒になったという経験をした人は比較的多いのではないでしょうか?
赤の補色は緑なのですが、日本では赤の対比に青を使うことが多いようです。
つまり、赤に対抗するのは青という日本的な対比の説

どの説が正解というのではなく、色々な要因が混ざりあって緑信号は青信号になったのではないでしょうか。

と言うことでした。

◆緑色なのに、なぜ黒板
http://homepage2.nifty.com/osiete/seito198.htm


・明治5年頃 アメリカ人によって「ブラックボード」日本に持ち込まれた。

・明治7年頃 日本で初めて墨汁を塗った上に“柿渋”を上塗りした黒板が製造され、明治10年頃には全国に黒板が広まり、名前もブラックボード をそのまま訳した「黒板」に変わった。

・昭和29年 黒板のJIS規格が制定された。
また、合成塗料の開発により、 黒板の板面が黒からグリーンに変わってきた。

また、こんな説明もありました。

光を反射して目に良くないとか、白と黒は目にきつ過ぎるとか、縁起が悪いとか、色々な理由が有って、緑のやや湾曲の「ミドリバン」が登場した。
黒い黒板は、板の感じがやや硬くてつるつるして、字を書くと、つるっとすべるような感じがして、ガラスに安もののクレヨンで書いたみたいに『なんだかなぁ』という字しか書けなかったけど、「ミドリバン」は、巧く摩擦され、字がかすれることなく、しっかり書けた。

黒板は、色が変わっても呼び方はそのままだったわけですね。

黒い黒板を経験された方は懐かしいのでは^^;;;







***** ***** ***** ***** ***** ****** ***** *****

〔ASUからのご案内^^〕
ASUホームページ    http://www2.ocn.ne.jp/~g-asu/
ASUネットショップ  http://g-asu.ciao.jp/



関連記事


ホームページ
合同会社ASU(アス)のホームページです。

 ネットショップ 
アクセサリーショップ COCOiCO(ココイコ)❣
2017.10.1オープン❣




△ページトップへ戻る
[ 2011/03/08 13:51 ] my story | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿






トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://asuashitagaarusa.jp/tb.php/197-b847acc0